ちょっと一息

アクセスカウンタ

zoom RSS 石割山 & 紅富士の湯

<<   作成日時 : 2008/02/02 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

手軽に登れる雪山で雪遊びがしたいというリクエストに応えて、石割山に登ってきました。
今回は小学生も一緒。山頂で雪投げ、雪滑り、雪だるま作りをしてきました。

◇ ◇ ◇ ◇
石割山(1412m)
◇ ◇ ◇ ◇
10:40 登山口
11:30 石割神社
小休止
11:35 石割神社
12:15 山頂
昼食休憩
13:50 山頂(平尾山方面へ下る)
14:20 平野への分岐点
15:30 登山口
◇ ◇ ◇

画像 石割山山頂から富士山方面を望む。


山中湖の平野から道志へ抜ける道に入って少し走ると、角に小さな鳥居がある左に分岐する道がある。ここを入り石割神社への駐車場へと向かう。
道路にはところどころ氷状になった雪道となっていた。ただ、チェーンをつけるほどではなかった。

左折して少し走ると右側に鳥居が見えてきた。石割山の登山口だ。左側にある駐車場にはすでに10台ほどの車が止まっていた。

心配していた天気は回復している。もしかしたら富士山も見えるかもなどと期待しながら支度をして登山口のところにある鳥居のところに行くと、とても長い階段が続いていた。
すっげ〜なげ〜階段!
階段には雪が残っていたけど、アイゼンはつけずに登る。それほど歩きにくい階段ではなかったので長い階段の割には楽だ。
階段を登り切って振り返ると富士山がよく見えていた。曇りの予報だったので富士山は見えないだろうなって思ってただけになんかうれしい。
階段を登り切ってから石割神社まではそれほどきつい坂もなく、道も広くて快適だ。途中から山中湖も見える。平野のワンドは氷結していて白く光っていた。

登山開始後1時間弱で石割神社に着いた。
石割神社には御神体であるまっぷたつに割れた大きな岩があり、この割れた隙間の幅は人がひとりなんとか通れるくらいで、ザックを背負って通れるほどではなかった。この岩とその隙間を3回周ると御利益があるらしい。

神社から上は道も狭く、足下も少し悪そうだったのでアイゼンを装着する。
ここから山頂までは雪がなくドロドロして滑りやすかったり、坂も急になったりでちょっと大変だった。
神社から40分ほどで山頂に到着。

山頂は山中湖方面がひらけ、景色がいい。山中湖の向こう側に大きく富士山が見える。ただ、少し雲が出てきてしまっていて、すっきりとは見えなかったのが少し残念。

積雪は30センチぐらいといったところか。
太陽が出ているせいかとてもあたかく感じる。
昼食をとった後は、雪遊びだ。
定番の雪だるま作りや、お尻に敷く銀マットをソリ代わりにして雪滑りなどで1時間半ほど遊んだ。

帰りは平尾山、大平山方面へ向かう道を降りる。日当たりがいい道なのでところどころ雪のないところもあった。
30分ぐらい歩くと平野へ降りる分岐点に着いた。そのまままっすぐに進めば平尾山、大平山へと行けるが、ここを戻るように左に折れ、車を置いてある平野へと向かう。

林間の道をしばらく歩くと別荘が現れる。そのまま進んでしまうと駐車場とは別の場所に行ってしまうので、別荘が増えてきたあたりにある左に降りる道へ進む。その道を下りきると車道にでる。朝、車で走った登山口へ続く道だ。ここを左に曲がって15分ほど歩くと駐車場に到着した。

◇ ◇ ◇

画像クリックで拡大表示

画像 登山口のところにある鳥居。この鳥居の奧に長く続く階段がある。


画像 果てしなく続くような感じの階段。


画像 階段を登りきったところに東屋があり、振り返ると富士山が見えた。


画像 階段を登りきった東屋がある場所と石割神社との中間ぐらいのところで見えた山中湖。平野のワンドは氷結して白く光ってた。


画像 東屋と石割神社の間は道も広く、坂もなだらかななので快適


画像 石割神社の神殿。二つに割れた大きな石は向かって右側にある。


画像 二つに割れた大きな石。


画像 人がひとりやっと通れるくらいの隙間。


画像 石割山山頂


画像 山頂から見る富士山と山中湖。時間が経つにつれ段々雲に覆われてきてしまった。


画像 雪遊び。
まずは雪だるま作り♪


画像 雪遊び。
次は雪投げ。そんで雪滑り。


画像 帰り道。


画像 平野への分岐。


画像 平野へ降りる道。


画像 平野へ降りる道。


画像 別荘が増えてきたあたりにある駐車場へ向かう道


◇ ◇ ◇ ◇
紅富士の湯
◇ ◇ ◇ ◇

近くに石割の湯があるんだけど、今回は紅富士の湯に行った。

ホームページの作りを見ると、紅富士の湯も石割の湯も同系列のような感じなんだけど、個人的には雰囲気とか広さなど紅富士の湯の方が好きだ。

週末、紅富士の湯はいつも駐車場がいっぱいなんだけど、中がとても広いため、それほど混雑してるという感じがしないのもいいし、お風呂(湯船)の数も多いのもいい。

1時間ほどのんびり浸かった後、夕飯を食べ、家路についた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
石割山 & 紅富士の湯 ちょっと一息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる