ちょっと一息

アクセスカウンタ

zoom RSS 日向山 & むかわの湯

<<   作成日時 : 2007/06/02 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週は山梨の日向山に行ってきました。
詳細はまた後日ってのが続いてたので、今回はちょっと書いてみました。
ただ、写真は後日ね。(^^;;;

◇ ◇ ◇
※写真をクリックすると大きな写真になります。

画像


登山口までのルート
自宅→朝霧高原→精進湖→甲府南→(中央道)→須玉→道の駅はくしゅう→矢立石(日向山登山口)

08:15 矢立石
09:40 雨量観測所
09:45 三角点(ほんとの山頂)
09:55 山頂
11:30 下山開始
12:45 矢立石

道の駅はくしゅうに寄る。ここの水は名水百選に選ばれていることもあり、なかなかおいしい。そのためかポリタンクで水を持ち帰る人が多い。時間帯によっては行列してるときもあるくらい。わき出している水は微量の塩素で殺菌されているとのこと。
ここでトイレ休憩と、わき出している水を空のペットボトルに入れる。お昼に使う水だ。

道の駅から登山口の矢立石までは15分ぐらいか。

登山口のところには駐車スペースがあり、すでに5台ほどが駐車されていた。

画像


さっそく支度をして登り始めようと登山口のところに行くと、そこには立て札があり、
「日向山頂上〜錦滝は登山道崩落のため通行禁止」
と書かれていた。
予定では矢立岩から雨量観測所経由で山頂に行き、錦滝を経由して下山する周遊ルートを考えていたんだけど、崩落じゃしょうがない。

画像


それほど急ではない登山道を登っていく。
新緑が綺麗だ。ところどころにツツジが咲いていた。
登山道はよく整備されていた。

途中、八ヶ岳や富士山を見るポイントがあったが、あいにく雲がかかっていて見ることができなかった。

画像


画像
 炭焼き窯の跡


画像


1時間半ほどで雨量観測所(アメダスの雨量計)に到着。さらにそこから5分ほどで山頂を示す三角点。三角点のある場所は木に囲まれていて展望はない。

画像
 初めて雨量計というものを見た


画像
 三角点


三角点のあたりからは平らな道となり、広葉樹の樹林帯の中を歩く。
鳥の鳴き声やキツツキが気をつつく音が聞こえてきて、雰囲気がすごくいい。

画像 とても雰囲気のよい広葉樹林帯


三角点のところから樹林帯の中を10分ぐらい歩くと、前方に木がなくなり、その木のなくなったところに立った瞬間、砂浜のように広がった雁ヶ原と雄大な山々が目に飛び込んできた。
同行者と「すっげ〜!」を連発してしまった。
久々に感動の風景を目の当たりにした。
ちょっと残念なのは雲が多く、甲斐駒は一部しか見えなかったことだ。

画像 ここの樹林帯を抜けるとそこには!


あまりにいい景色だったので、いつもより長めの休憩をとった。
時間がたてば雲が流れて景色もよく見えてくるかもっていう期待もあったけど、雲はとれることがなかった。ここは日を改めてもう一度来てみようと思う。

画像


帰りは来た道を引き返す。途中の富士山の見えるポイントでは相変わらず雲がかかっていて見えなかったけど、八ヶ岳の見えるポイントからはうっすらと見えていた。

画像


画像


画像


画像 今回は通行止めとのことで行かなかったけど、錦滝方面への下山道


画像


◇ ◇ ◇

むかわの湯

今回の温泉は道の駅はくしゅうから車で10分ほどのところにある「むかわの湯」へ行った。

まだ、新しい感じの日帰り温泉施設だ。入湯料700円だけど、「受付でホームページを見ましたと言えば100円引きとなる」ということがホームページに書かれていたので、それを伝えて600円を払う。

内湯は大浴槽、泡の出ている寝湯、打たせ湯と一体となった水深1.5メートルある立って入る浴槽、ミストサウナ、サウナ、水風呂、それに露天風呂と作りも大きめだ。
まだ早い時間だったせいか、人も少なかった。

なかなかいい温泉だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日向山 & むかわの湯 ちょっと一息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる