ザウルスデータ救出作戦

新しいザウルスの使用感は...まあ、それはおいといて、その前に自分用の覚書も兼ねて、メンテナンスカーネルを使ってDocumentsディレクトリに作成したデータを救出する方法を書いておきます。機種はSL-C3000です。

-----
※2007.04.22 追記 というか内容変更。
またまたザウルスが立ち上がらなくなって、データ救出作戦を実行しなければならなくなりました。んで、SDカードを使ってこのブログに書かれている内容通りに行おうかと思ったんだけど、ここに書かれてたのはSDとCFの両方がマウントされている場合じゃん。hdcをhdaに読み替えるのって面倒。SDとCFの両方をマウントしてから作業する人より、どちらかひとつをマウントして作業する人のが多いだろうから、SDだけをマウントした内容に変更しました。
-----

方法は次のとおり。

あ、その前に、ここに書かれていることを同じようにして実行する場合には、自己責任でお願いしますね。ボクは一切責任をとれませんのであしからず。

データ救出(保存)用のSDカードまたはCFカードを挿入する。
電池蓋をはずし、B D を押しながらリセットボタンを押す。
蓋を戻してロックし、電源オン。
メンテナンスカーネルが立ち上がり、ログインプロンプトが出たら root を入力。
mountコマンドを入力し、SD(CF)カードがマウントされていることを確認する。

mount

/dev/mmcda1 on /mnt/card type vfat(rw,noatime)
/dev/hda1 on /mnt/cf

内蔵ディスクの状態を見る。

fdisk -l /dev/hdc
fdisk -l /dev/hda

Device Boot Start End Blocks Id Ssytem
/dev/hda1 1 204 102784+ 83 Linux
/dev/hda2 205 1020 411264 83 Linux
/dev/hda3 1021 7936 3485664 c Win95 FAT32 (LBA)

※CFを刺していない場合は fdisk -l /dev/hda でしたので、SDだけ挿してる人はこれ以降 hdc の部分を hda に読みかえてください。

マウントポイントを作成し、内蔵HDDをマウントする。
※ /hdd3 っていうマウントポイントがすでにあるんで、ここにマウントしてもいいと思う。

mkdir /mnt/hdd3
mount -t vfat -o iocharset=utf8,codepage=932 /dev/hda3 /mnt/hdd3

※マウントオプションは日本語のファイル名が文字化けしないようにするためのおまじないです。ただし、コンソールは日本語対応じゃないんで、一見すると文字化けしてるように見えるけどね。

これでDocumentsディレクトリが見えるようになるので、cpコマンドで必要なファイルをSDカードへコピーする。

例えばこんな感じ。

cd /mnt/hdd3
cp -a Music_files/* /mnt/card/

その他の場所にあるファイルの取り出しは下記のとおり。
同じようにマウントポイントを作成して、見たいディスクをマウントし、コピーを実行する。

例えばルートとかホームディレクトリを見たい場合は次のようにする。

mkdir /mnt/root
mkdir /mnt/home
mount -t jffs2 /dev/mtdblock2 /mnt/root
mount -t jffs2 /dev/mtdblock3 /mnt/home

ホームディレクトリのデータをSDカードへコピーする方法は次のとおり。

cd /mnt/home
tar cvf /mnt/card/ZaurusHome.tar zaurus


アプリのデータをSDカードへコピーする方法は次のとおり。

mkdir /mnt/hdd2
mount /dev/hda2 /mnt/hdd2
cd /mnt/hdd2
tar cvf /mnt/card/Applications.tar Applications
tar cvf /mnt/card/QtpApps.tar QtPalmtop/apps

SDカードに余裕があれば、
tar cvf /mnt/card/QtpPalmtop.tar QtPalmtop

余裕があるかないかは次のコマンドで確認する。

df -h

なお、基本的にホームディレクトリやアプリのデータ領域(hdd2)のエリアのファイル類は、標準のバックアップを実行しておくことでバックアップされるみたいなので、バックアップ後新しいことをしてなければこれらの作業は不要だと思います。

無事、カードにデータを保存できたら、パソコンで確認するといいかも。

データの救出が終わったら、いよいよザウルスの完全初期化。
やり方は、コマンドプロンプトからshutdownコマンドを入れて、電源が切れるのを待つ。

shutdown -g0

電源が切れたら電池蓋を開けてリセットし、電池蓋を戻したら、「OK」ボタンを押しながら電源オン。
出てきたメニューから完全初期化を選ぶと、ほんとにいいのか~?って聞かれるんで、もっちろんさ! と答えれば初期化が完了し、買ったときに初めて電源を入れたときと同じ画面が出てきます。

救出したデータはザウルスとパソコンをUSBでつないで戻してあげればいいし、もし、バックアップ機能でバックアップしたデータがあるんなら、Documents\Backup_Filesの下にそのファイルをコピーして、リストアを実行すればバックアップしたときの状態にもどります。

tarで作成したファイルはtarについて調べた上で展開してください。

んじゃ、健闘を祈る。( ̄▽ ̄)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0