ザウルスにX/Qtをインストール

X/Qt入れてみました。
X/Qt Server Projectのインストールガイドを見ながらやったら割とすんなりと導入できました。

そしていよいよ起動。

うおおおおぉおぉぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~!
え、エックスだ~~~!

自分のリナザウ上で動いてるのを見るとかなり感動。
少しの間、ターミナルのウィンドウをペンで移動したり、ウィンドウの最大化、最小化、スタイルの変更をしたりと楽しんじゃいましたね。でも、X対応のアプリは入れてないんで、だんだん感動も薄れましたけど。(^^;;;
とりあえずターミナル上で通常版のemacsを起動して、さらにmewを起動。
メールの送受信を確認。この環境でしばらく動かしていこうかと思ってたけど、ここで問題が発生。
KeyHelperが使えないみたい。_/ ̄|○

先のページを見てたら、X/Qt-2なら使えるみたいなので、X/Qt-1をアンインストールし、X/Qt-2をインストール。

KeyHelperは使えるようにはなったんだけど、タスクセレクトがキーボードからできない。(T-T)
タスク一覧は出るんで、ペンでタップすれば切替えができないわけじゃないし、タスクスイッチの方はできるからいいんだけど... あ、Homeメニューも表示できない。_/ ̄|○
ま、とりあえずはいいか。

次に通常版のemacsをアンインストールし、x版のemacsをインストールして起動。

あれ~? ウィンドウの下側が画面からはみ出ちゃってて、サイズの変更ができないじゃん。emacsのミニバッファが見えないのは辛いな~。
ちなみにウィンドウマネージャはBlackbox。

どうにかならないかな~って思いながらメニューの中を探していたら、他のウィンドウマネージャの中にTWMがあったんでそれを選択し、再度emacsを起動。
これでもウィンドウの下側がはみだしてたけど、こっちはウィンドウの右上でサイズ変更することができるんで、問題解決。
※あとでTWMにしなくても、いったんウィンドウを最大化してからサイズ変更をすればいいことがわかりました。

そしていよいよメインイベントのmewを起動。

おおおぉぉぉ~~~~~~~~~~~~、ね、ネコだ~!

可愛い2匹の子猫のオープニング画面を見ることができました。
次に添付ファイルの画像を表示。これも問題なく表示できました。
いや~、いいですね~、外部アプリを使うことなくmewから直接画像を見ることができて。

でも、喜んでたのも束の間。またまた問題発生。スラッシュとクエスチョンマークの入力ができない。

ありゃ~。

anthyを使っても入力できず。う~ん、困った。

結局いくつかの問題をクリアすることができなかったので、今回はxemacsはあきらめることにしました。(T◇T)

ってなわけで、今は通常版のemacsで運用中。

※追記※
スラッシュとクエスチョンマークはXmodmapで入力できるようになりました。


※ ※ ※

このブログエントリーはseasaaに掲載していたものを、こちらに移動したものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック