emacs + Mew on Zaurusを使ってPCからメール操作

PCからザウルスにインストールしたMewを操作して、メール送受信ができると便利だと思いませんか?

やりかたをざっと説明すると、まずはザウルスのtelnetサーバ機能を有効(/etc/inetd.confの編集)にしておく。もちろんアクセスできるIPアドレスは制限してね。

PCとはUSBネットワーク接続するか、無線/有線LANで接続。
PCからザウルスにtelnetでログオン。
ここまでできたらemacsを起動してMewでメール操作がPCからできますよね。
これができるとなにがいいか。

最近、会社では個人メールが禁止されてるところが増えてきましたよね。
かくいうボクの会社でも禁止となってるんですよ。でも、そんな場合でもザウルス + Air-Edgeがあれば会社のネットワークを使わなくてもメールが可能ですよね。でも、それで問題なし? いやいや、問題があるんですよ。仕事中にザウルスを使ってプチプチと入力してると目立つって問題がね。
そこで、PCとザウルスをUSBネットワークで接続して、ザウルスにtelnetでログオン。その後、ザウルスはAir-edgeでネットに接続。そんでザウルスの蓋を閉じて目立たないように机の隅に置く。
ここまでできたらあとはtelnetでザウルスのemacs + Mewでメール操作。

PCのキーボードとディスプレイを使ってるから、メールを書いたり読んだりしててもそれほど目立つこともないし、会社のネットワークを使うこともないから会社のログには残らないし、PC上のIME(ATOK)だって使えちゃう。さらにザウルスにインストールしたAnthyを使うこともできちゃう。
ほらね、便利でしょ?


※ ※ ※
このブログエントリーはseasaaに掲載していたものを、こちらに移動したものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック