anthy + emacs on ザウルス

ザウルスにanthyを入れたことはすでに書いたけど、anthyをemacsで使った場合、インライン入力ができるので快適。ザウルス上でのメールは mew + emacs に移行しちゃったから、メールを書くのも快適です。

emacsからanthyを使うにはホームディレクトリにある .emacs に下記の行を追加するだけです。

;
; for anthy
;
(require 'anthy)
(set-input-method "japanese-anthy")

あと、emacsでIME(anthy)の起動、終了は C-\ なんだけど、これを押しても起動できないんですよ。そんなわけで、起動キーを変更。

(global-set-key "\C-cj" 'toggle-input-method)

ボクは Ctrl-cj に割り当てたけど、これはお好みのキーを割り当てるといいです。

あ、キーで思い出した。ザウルスを買ってすぐの頃(今年の1月ぐらだったかな)、まっさきにemacsをインストールして、さあ使おうとemacsを起動したまではよかったんだけど、まだ、そのころはMI-Zaurusから移行したばっかで、SL-Zaurusのことはさっぱりの状態。Metaキー(ESCキー)がどれに割り当てられてるかもわからず、検索してもわからずで、数日間悩んだことがありました。(^^;;;
emacsってCtrlキーとMetaキーを多用しますからね。
その後CancelキーがMetaキーだってのが無事わかりました。


※ ※ ※

このブログエントリーはseasaaに掲載していたものをこちらに移動したものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック