ザウルスでのメーラー

ザウルスの標準メーラーって使いにくくないですか?
キーを押してもすぐに反応しないし、起動のたびに「ファイルの断片化が進んでいます...」が表示されるようになったり。まあ、断片化のメッセージは一部の人だけだけど。

この断片化の原因なんだけど、ひとつのファイルですべてのメールを管理してるんで、大量のメールの受信、削除を繰り返してると、ファイルの中にあちこち空きができちゃう。つまり断片化状態になる。んで、断片化の整理の処理にもバグがあって、整理するっていうボタンを押しても断片化は直らない、とこんなところかなと想像してるんだけど。

ま、断片化が起きなくても使いにくいのは変わらないわけで、特にキーの反応があまりに遅くて使いにくくて我慢ができなくなったのでemacs + Mewに移行しちゃいました。
ま、これだけが移行した理由だけじゃないんだけどね。これについてはまた別の機会に。

もともとemacsが大好きなんで、Mewに移行して大正解。
移行後は標準メーラーはもう使うこともなくなりました。
でもね、素直にMewに移行できたわけじゃないんだよね。

最初はemacs-21.3.50上でMewを使ってたんだけど、これだと受信したメールに対して返信しようと A を押しても元メールの引用ができないんですよ。argument errorだかなんだかになっちゃってました。これはMewのせいかと思い、別のバージョンのMewを入れたんだけど、やっぱり同じエラーで引用できず。なんとなくemacsに問題がありそうだなと思ってたんだけど、zaurus用のemacsって新しいのがなさそうなんで、こりゃだめだと一時はあきらめたんだけど、検索してたらemacs-22.0.50があるのを発見。そんでemacsをバージョンアップ。そしたらすんなりとうまく動くようになりました。

しかしここのサイトhttp://www.focv.com/ipkg/の管理人さん、すごいですね。
あ、Linux Zaurus SL-C3000 Super Guideの著者の方だったんですね。

ただ、まだMewにちょっと変な挙動があるんだけどね。
定期的にサーバにメールの有無をチェックする設定にしておいて、電源をオフにして、そんでしばらくしてから電源をいれると、emacsが停止(終了ではない)してて、fgコマンドでemacsを呼び出すと一応は動くんだけどmetaキーや2回目のctrlキーが使えない状態になっちゃうんですよ。こうなったらもうどうしようもないんで強制終了。
こうならないようにするためには、電源を切る前にemacsをctrl + zで停止させておけばいいんだけど、つい忘れちゃう。というわけで、今はメールチェックはしない設定に変更。

あともうひとつ。インストール後のデフォルトのメールの保存先がzaurusのホームディレクトリ直下にできるので、たくさんメールを保存しておくと/homeの使用率が100%になってしまい、他のアプリも動かなくなっちゃうので、保存先をDocuments配下へシンボリックリンクをするといいかも。


※ ※ ※

このブログはseasaaに掲載していたものをこちらに移動しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック