ちょっと一息

アクセスカウンタ

zoom RSS 戸倉山

<<   作成日時 : 2013/12/28 23:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の登り納めとして、戸倉山(伊那富士)に登ってきました。
山道は明瞭で険しいところもないので、雪を楽しみながら登るのにいい山でした。
途中、踏み跡がわからないところが何カ所かあったけど、迷うようなところはありませんでした。
今回は雪も柔らかかったので、アイゼンは不要でした。

画像





09:20 戸倉山キャンプ場
11:20 六合目展望台
11:40 七合目東屋と金明水
12:10 西峰山頂
12:15 避難小屋(西峰から2分ぐらい)
12:20 東峰山頂
13:50 戸倉山キャンプ場(東峰山頂から1時間10分でした)

下りは滑るように降りられるので、とても短い時間で下山できました。




画像
戸倉山キャンプ場に車を止め、登山開始。



画像
六合目の標識の少し上の展望台。
残念ながら中央アルプスは雲に隠れちゃってました。



画像
七合目の標識の少し上にある東屋。
なぜか大きな鍋がいくつもおかれてました。
ここには金明水と書かれた水飲み場がありました。氷点下の気温なので水は出てませんでしたけど。



画像
戸倉山西峰。
不動明王や摩利支天尊がありました。



画像
西峰の西方面。
あいにく遠くの山には雲がかかっちゃってましたが、雲がなければ中央アルプスや北アルプスが見えるようです。



画像
西峰の東方面。
こちら側も遠くの山に雲がかかっちゃってましたが、南アルプスが見えるようです。



画像
西峰と東峰の間にある避難小屋。
中は明るく割と綺麗でした。
この避難小屋から東峰までの間は踏み跡がなかったので、にこにこしながら歩いちゃってました。
やっぱいいね〜、最初に踏み跡をつけるって。



画像
東峰山頂。
山頂に到着する手前で一番最初に目に飛び込んでくるのは、十蔵薬師如来の後ろ姿。
ここから長谷の集落を見守ってるんでしょうね。



画像
薬師如来像。
ここで今年一年間、30座以上の山行が無事にできたことを感謝し、また来年の安全祈願をしてきました。



画像
薬師如来の目線の先(目はつぶってるけど)にある長谷の集落。
素晴らしくいい景色だ。


こじんまりとした山だったけど、冬に登るにはお手軽なとてもいい山でした。





下山後、ちょっと遠いんだけど、下諏訪温泉の菅野湯まで行きました。
前回、守屋山に行ったときに、下諏訪温泉の担過の湯に行ったんだけど、その周辺にはいくつもの源泉掛け流しの温泉があることを知りました。
どこも昔ながらの銭湯ってな感じみたいで、なかなか面白そうだったので、今回も下諏訪温泉に行くことにしたんです。

菅野湯は昭和中頃の銭湯全盛時代の銭湯って感じで、とてもレトロな雰囲気を味わえるところでした。
番台があって、その先に大きな脱衣場。コインロッカーなんかなくて、木の枠だけの棚。
暖房なんてないんでこの脱衣場が寒い! でも、湯上がりはこの冷えた空気がとても気持ちいんだけどね。
よくあったまる温泉なんで、湯冷めすることもありませんでした。

浴槽はひとつしかなく、少し熱め。
壁面の絵がなかなかいい感じでした。

入浴料は220円。石けんやシャンプーはありません。
シャワーの温度調整はできず、誰かがシャワーを出すと、湯の勢いがなくなって、ちょろちょろになったりしてました。

ドライヤーは1回10円。

駐車場はないけど、隣の町営(?)の駐車場を利用することができました。番台ではんこを押してもらえば無料です。

最近の温泉施設と比べると不便なことばっかりだけど、なんかすっごく楽しい気分になれた温泉でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戸倉山 ちょっと一息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる