ちょっと一息

アクセスカウンタ

zoom RSS 達沢山、大栃山 & ももの里温泉

<<   作成日時 : 2009/01/10 23:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

御坂にある達沢山と大栃山に登ってきました。
昨日、山間部に雪降ったんで、雪山登山となりました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇
逹沢山(1358m)
◇ ◇ ◇ ◇ ◇
◇ ◇ ◇ ◇ ◇
大栃山(1415m)
◇ ◇ ◇ ◇ ◇

いや〜、雪の中を登るのって楽しいですね。
最初に逹沢山に登ったんだけど、雪が積もった後、誰も登ってなかったんで、登山道には誰の足跡も無い状態。そういうところを登っていくのってなんかうれしいですよね。

景色もあたり一面真っ白で、むちゃくちゃ綺麗でした。

達沢山を下山後、すぐ近くにある大栃山の登山口に移動。

登山口のある檜峰神社へ向かう道がちょっとわかりにくかったです。
御坂バイパスはほとんど雪が溶けていたけど、檜峰神社へ向かう林道は20センチぐらいの積雪。
それほど急な坂ではなかったので、チェーンで問題なく檜峰神社までたどり着けました。

こちらの山ももちろん雪がいっぱい。誰の足跡もなく、うきうき気分で雪の積もった登山道を歩いてきました。

写真はまた後日。

写真をクリックすると大きな写真を見ることができます。

画像
トイレ休憩で立ち寄った河口湖。
前の日に降った雪が積もって、とても綺麗でした。


画像
◇達沢山◇
御坂道から達沢山へ向かう道(金川側)に入るところがちょっとわかりにく、御坂道を往復してしまった。
達沢山へ向かう道に入るとすぐに採石場があり、そこをすぎたところに「達沢山」と大きく書かれた看板がありました。


画像
◇達沢山◇
「これより先への車の乗り入れは御遠慮ください」の看板のところの駐車スペースに車を停めました。


画像
◇達沢山◇
車を停めたところからもさらに林道は延びてました。


画像
◇達沢山◇
林道の終点。ここに車を停めても問題なさそうな感じだけど、車の乗り入れはご遠慮くださいと書かれてたのだから、ここまでくるのはマナー違反?


画像
◇達沢山◇
林道の終点から先に続く登山道。明るくていい感じ。このあと沢を渡ってヒノキ林の中に入っていく。


画像
◇達沢山◇
しばらくヒノキ林の中をあるいてくと尾根に出ました。


画像
◇達沢山◇
尾根のあたりでヒノキ林が終わり、広葉樹の森となるため、冬はとても明るく、さらに雪が積もってたのでなかなか雰囲気がよかったです。
尾根に出て左側のちょっと急な登山道を登ってきます。


画像
◇達沢山◇
尾根からひと登りすると山頂。
まわりは木々に囲まれてたけど、三角点のあるあたりはひだまりになっていてお昼を食べるにはちょうどいいところでしたが、まだお昼には早かったため、ちょっとだけ休憩。


画像
◇達沢山◇
山梨百名山の標柱の奥側からは甲府の街並みが見えてました。
この景色が見られるのは葉が落ちた後の秋から冬にかけてだけですね。


大栃山の写真はまた後日。

画像
◇大栃山◇
檜峰神社にある薬王水。さすがにすごく冷たかった。


画像
◇大栃山◇
登山口。雪が積もってたんでここでアイゼンを付けていきました。


画像
◇大栃山◇
この日まだ誰も登った人がいなかったみたいで、誰の足跡もない登山道を登っていきました。


画像
◇大栃山◇
トビス峠


画像
◇大栃山◇
トビス峠のお地蔵さん?
ここから左方向に少し登っていくと傾斜があまりない楽な登山道になりました。


画像
◇大栃山◇
山頂。


画像
◇大栃山◇
山頂からは甲府の街並みが見えました。


画像
◇大栃山◇
檜峰神社。今年の安全を祈願してきました。


◇ ◇ ◇
ももの里温泉
◇ ◇ ◇
下山してからももの里温泉へ行きました。
内湯では地元の人らしき人達が湯船のまわりに座って話し込んでて、ちょっと入れないじゃんってな感じだったので、露天風呂に浸かってました。
お風呂の後、ここで食事。なかなか美味しかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
達沢山、大栃山 & ももの里温泉 ちょっと一息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる