ちょっと一息

アクセスカウンタ

zoom RSS 山伏(やんぶし) & 黄金の湯

<<   作成日時 : 2008/11/15 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

静岡と山梨の境にある 山伏(やんぶし) に登ってきました。
登山口のある梅ヶ島の方へは安倍峠を越えて行ったんだけど、その安倍峠の紅葉はみごとでした。
ただ、朝は天気がよくて紅葉も楽しめたんだけど、次第に天気が崩れ、久々にレインウェアを着ての登山になってしまいました。まあ、でも雨ではなく霧だったんだけどね。

写真はまた後日。

◇ ◇ ◇ ◇
山伏(2014m)
◇ ◇ ◇ ◇

登山口までのルートは山梨県身延町側から安倍峠を越えて静岡県側に入り、梅ヶ島温泉を抜け、黄金の湯のちょっと先を右折。
この安倍峠は夜間通行止めとなるので、あらかじめ身延町役場で確認しておいたほうが良いです。

トイレは黄金の湯のところにあるので、ここですませておくといいかも。

画像
安倍峠手前の山梨側からの富士山。朝のうちはまだ景色も見えてたんだけどね。


画像
安倍峠へ向かう道の脇の林の中に何故かパンダが。
あまりにおもしろかったので車を停めて撮影しちゃいました。


画像
安倍峠を越えたあたりはでは紅葉も終盤と言った感じだけど、それでも綺麗でした。


画像
日本100名滝の安部の大滝が見えました。


画像
登山口のところにある石碑。ここのすぐ近くに駐車場がありました。


画像
登山口。「山伏」の文字が書かれてないので、ほんとにこの道でいいの?って思いながら登りました。



画像
登山口からほどないところに、石仏がありました。



画像
見通しはいいんだけど、ちょっときつい登りでした。この登りは新窪乗越までで、その先は比較的楽な傾斜でした。



画像
新窪乗越のちょっと手前にススキが広がってました。



画像
振り返ってこういう景色が見られるのは気が紛れていいよね。


画像
遠くでゴロゴロと岩が崩れてる音がしてたんで、さすが日本三大崩のひとつの大谷崩が崩れてるんだ〜って思ってたら、カモシカが歩いて近くの岩を崩してたのでした。



画像
新窪乗越より先は急登はなく、こんな感じのところを歩いていきました。



画像
山頂。霧が出ていて景色は見られませんでした。


画像
山梨百名山の標柱。

帰りは同じ道を帰りました。


◇ ◇ ◇ ◇
黄金の湯
◇ ◇ ◇ ◇

画像
登山後は梅ヶ島の黄金の湯に行ってきました。
ナトリウム炭酸水素塩温泉で温泉に入ってる〜ってな感じのお湯はとても気に入りました。
温泉施設の回りは紅葉がとても綺麗でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山伏(やんぶし) & 黄金の湯 ちょっと一息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる