ちょっと一息

アクセスカウンタ

zoom RSS 蛭ヶ岳 & つむぎの湯

<<   作成日時 : 2006/12/17 21:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今週は山梨の蛭ヶ岳に登ってきました。

本栖湖経由で行ったんだけど、多分明け方は道は凍ってたんだろうなって感じ。

先週登った三方分山側からも行けるんだけど、今回はあまり時間もないので、登山口は四尾連湖から。

四尾連湖のところには有料の駐車場しかないので、1日400円を払って駐車する。
ちなみに駐車料金を払うとトイレも使える。が、駐車場に着いたときに、ちょうど小型観光バスが着き、それに乗ってたおばさんの団体が一斉にトイレに直行した。
当然おばさんが集まれば女性用、男性用の区別なんかするはずがない。
トイレに寄ってこうかと思ってたけど、あきらめた。

それほど急な登りはなく、あまりきつくもない。
しばらく登っていくと、尾根道が続くようになり、歩くのが楽しい。
痩せた尾根もあって、ほんのちょっとだけだけど、スリル(ってほどじゃないけど)もある。

尾根道が終わって少し登ったところに石に彫られた六地蔵があり、ここに数人休んでいた。六地蔵の写真を撮ろうかと思ったけど、タバコを吸っているおっさんがいて、煙たかったから、帰りに撮ることにした。
その六地蔵からは少し急登となる。距離はそれほどないので、10分もかからずに登頂。すでに数人がくつろいでいた。

記念写真を撮って昼食。

あいにくちょっと曇っていたこともあり、富士山は山頂付近は雲がかかり、八ヶ岳や南アルプスは雲の中。かろうじて雪のかぶった鳳凰山がほんの少しの間だったけど見えていた。

近くの景色は見えていて、四尾連湖と車を止めた駐車場が見える。
肉眼では点でしか見えない白い物体も、双眼鏡を使うと自分の車だってのがわかる。

昼食後、下山開始。下山し始めたら、天気が急速に回復していき、晴れてきた。
晴れてるし、尾根道が長く気持ちがいいんで、の〜んびりと下る。

急な坂もないんで、散歩気分で駐車場まで歩くことができた。

■ 温泉
今回は市川三郷町の「つむぎの湯」へ行ってみることにした。
場所がわからなかったんだけど、行ってみたら道路沿いにあったのですぐにわかった。

まだ新しい日帰り温泉施設で3時間400円。内湯がふたつと露天がひとつ。

内湯のひとつは加熱してない小さな湯舟の源泉で、かなりぬるめ。もうひとつは大きくてジェットの吹き出しが2セットと真ん中がバブルバス状態になっている。温度は高めなのでゆっくり浸かるにはちょっと熱い。そんなわけで、小さな源泉の湯舟に人が集中していた。

露天はぬるめなので長湯にはいい。ただ、景色は...なし。

まあまあってところでした。

■ダウンのジャケット
前から欲しいと思ってたモンベルのダウンジャケット。
近所の店で探したんだけど、欲しいサイズと色がなかったので、通販で注文した。
それがこの登山の数日前に届いた。
もちろん今回の登山に持っていき、お昼を食べるときに着てみた。
軽いしあったかいし、とてもいいジャケット。
これから冬の間の登山には欠かせないアイテムのひとつになりますな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蛭ヶ岳 & つむぎの湯 ちょっと一息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる